成長ホルモンの作用に関連するインスリン、IGF-1とは?

成長ホルモンというと、身長を伸ばすことに寄与していることは知られていますが、
成長ホルモン分泌には、インスリンと呼ばれるホルモンも関係しているんです。

もっと言うと、インスリンと似たIGF-1(インスリン様成長因子)というものもあり、
IGF-1を介して成長ホルモンが作用していきます。

IGF-1は別名でソマトメジンCとも飛ばれており、
成長ホルモンの働きには必須のホルモンとなります。

今回は、この両ホルモンについてです。

インスリンとは?

インスリンは、すい臓から分泌されるホルモンの一種であり、
血糖値の向上に伴い分泌されます。

インスリンの役割は、血液中のブドウ糖を健康を維持するために必要な分だけ吸収するというものです。
体内での主な働きとしては、まず全身の消化器官や循環器の細胞にブドウ糖を取り込ませます。

次に、肝臓や筋肉の中でしか作ることができないグリコーゲンという物質の合成を助けます。
最後に、ブドウ糖をエネルギーとして効果的に利用するために脂肪の合成を促進して、
さらに脂肪の分解を少なくする役割があります。

インスリンの分泌量が何らかの理由で減少してしまったり、
分泌されても効率よく働くことができないことがあります。
この場合は高血糖の状態が長時間継続してしまうので、
健康診断で高血糖と診断されて、さらに症状が進むと糖尿病予備群や糖尿病になります。

よく糖尿病疾患の方がインスリンの注射を打っているのは、
すい臓から分泌されるインスリンが減少していることが考えられるからです。

インスリンの働きで生活習慣病のリスク上昇

日本医科歯科大学老人病研究所によると、
成長ホルモンの分泌とインスリンの働きには関連性があるとされています。

具体的には、成長ホルモンが不足することで、
炭水化物を食べた時の血糖値の上昇を抑える働きが弱まり、
血液中の中性脂肪に代表される血中の脂肪細胞が増加し、
インスリンの働きをブロックすることが指摘されています。

逆に、成長ホルモンが多く分泌された場合には、
脂肪細胞の分解が効率よく行なわれるので、血液中の中性脂肪が減少し、
インスリンの働きが良くなることで、糖尿病を予防することができます。

日本人は40歳を過ぎると、糖尿病の患者数が増加しますが、
これは運動不足や睡眠不足による成長ホルモンの分泌が著しく減少して、
内臓脂肪が蓄積しやすい体質になるのが原因です。

さらに、日本人は欧米人に比べるとインスリンを分泌する量が少ないので、
欧米人と同じ食事を食べていると高い確率で高血糖の状態になります。

糖質が多い食事をすることで、血糖値が上昇し、
生活習慣病のリスクを背負うことになりかねません。

血統を下げるために、インスリンを投与し、
成長ホルモンの分泌を促進させるという実験結果も見られています。

IGF-1とは?

インスリンと似たホルモンであるIGF-1は肝臓で分泌され、
身長を伸ばすことに関連があります。

一般的に知られている成長ホルモンよりも、
むしろこのIGF-1も身長を伸ばす要因の一つでもあります。

IGF-1も成長ホルモンの分泌と関連があり、
成長期にはIGF-1の活性化により身長が伸びると言われています。

乳製品に多く含まれているので、
牛乳やチーズを好む人は血中のIGF-1濃度が高くなり、
身長が伸びやすいともいえるでしょう。

一方で、大豆類などの食品は、IGF-1の作用を抑制するエストロゲンが多く含まれます。
IGF-1ののイドが高すぎると、がんのリスクも発生するので、
乳製品に偏った生活は控えた方がいいかもしれません。

成長ホルモン分泌を促進させる

身長を伸ばすインスリンやIGF-1は成長ホルモンと相関関係があるので、
やはり成長ホルモンを分泌させることがポイントになってきます。

成長ホルモンは10代前半をピークとして、その後は減少するのですが、
特に20代から30代前半には急激に分泌量が減少するので、
30歳でピーク時の30%程度に、40歳以降では15%から20%程度にまで減少します。
 
 
参考記事:30代男性の身長を伸ばす方法は断食が有効だった!
 
 
成長ホルモンの役割として、まず第一に傷ついた筋肉を回復させて、
さらに筋肉を増加させるということがあります。

筋肉量が維持されることで内臓脂肪の蓄積が抑制されるので、
たくさん分泌されている時期には糖尿病などの生活習慣病になりにくくなります。

第二に、コラーゲン線維の形成や骨の強化という働きがあるので、
肌の水分量の減少を防いで、骨密度を維持する役割があります。

思春期の時期は、男子よりも女子が早いので、
インスリンやIGF-Iの値も、女子が男子より早くピークに達します。

中高年層と成長ホルモン

30歳以降の成長ホルモンの減少を防ぐためには、
睡眠を十分にとることが必要とされていますが、寝る時間帯は分泌には関係が無いので、
十分な睡眠時間を確保することに集中することが大切です。

2時間から3時間に一度分泌されるので、
減少を防ぐためには最低でも6時間から8時間の睡眠時間の確保は必要です。

しかし、30歳以降の人で睡眠時間が十分足りていても、
成長ホルモンの分泌は減少しているという現実があるのも事実です。

この他にも、無酸素運動に近い筋力トレーニングによって、
乳酸を体内に多く発生させて成長ホルモンを増やす方法があります。

特に注目すべきは心拍数の上昇で、有酸素運動では負荷が小さいので、
乳酸があまり分泌されないのですが、高負荷の筋力トレーニングをすることで、
大量の乳酸が分泌されて成長ホルモンが増加します。

女性の場合は、スロートレーニングをすることで筋肉に刺激を与えるのが理想的です。
太腿や腹筋などの大きな筋肉を鍛えるのが効果が高いとされています。

ゆっくりと息を吐き出しながらスクワットを行ったり、
ゆっくりと腹筋をすることで、
筋力の弱い女性でも成長ホルモンを増加させるために
十分な筋力トレーニングをすることができます。

成長ホルモンの分泌を促進する活動が、
インスリンやIGF-1の分泌にも関連していくので、
身長を伸ばす要因として覚えておきましょう。

    

 
 

おすすめの身長サプリメントをランキングで紹介!あなたにピッタリの身長サプリメントはこちらから!

   

子供の身長を伸ばすサプリメントランキング

  • ドクターセノビル(Dr.Senobiru)

    ドクターセノビル(Dr.senobiru)

    60日間の全額返金保証付き!食事からの摂取が難しいアルギニン豊富な安心・安全サプリメント 身長を伸ばす効果が期待されるアルギニンを、1日に5000mg以上摂取可能。グレープフルーツ味の粉末タイプで、さらに国内製造なのも安心して飲めます。60日間の返金保証対応付きなのが安心して試せる決め手の1つ!  

     
    栄養素
    飲みやすさ
    価格
    返金保証
    評価
    公式サイトはこちら
  • アスミール

    アスミール

    牛乳嫌いや好き嫌いが多い子供向け!バランス良く栄養補給したい方に トリプルカルシウムや11種類のビタミンを配合。牛乳嫌いでも飲めるココア味に仕上げています。アルギニン特化ではありませんが、成長に必要な栄養素を一通り摂取可能。低コストで飲めるのも嬉しいサプリメント。  

     
    栄養素
    飲みやすさ
    価格
    返金保証
    評価
    ×
    公式サイトはこちら
  • フィジカルB

    フィジカルB

    野菜嫌いの味方!スピルリナで一気に栄養摂取を 50種類以上の栄養成分を含むスピルリナを豊富に配合。バランスの良い栄養素がウリの1つ。売り上げ多数のため、商品供給が追いつかない時期も。成長サポートのための栄養素を一気に摂取できます。ただし、独特な深緑色に抵抗を覚える子供も?  

     
    栄養素
    飲みやすさ
    価格
    返金保証
    評価
    公式サイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください